英会話を学ぶ

スクールのこれからについて

英語学習をする人が非常に増えました。これは近くの書店に行ってもわかることです。英語の学習参考書のコーナーや本の数が非常に充実しています。特にTOEIC関連の書籍は非常に増えています。単語本、文法本、TOEICに特化した問題集や模試本など、その種類はさまざまです。このように英語を学習する人が非常に増えているので、自然と英会話スクールに通う人も増加しています。英会話スクールでは、従来ではスピーキングに力を入れた授業が多く行われてきました。伝えたい内容を英語に変えて、それをどのように発音したらよいかを学ぶことが従来の学習方法でした。もちろん、ネイティブとのやりとりの中でリスニングについても勉強はありましたが、どちらかというと、発信型の英語が中心でした。

247 Wildlife Control 現在の英会話スクールでは、リスニングに力を入れています。これは、ある意味では、当然の帰結です。なぜなら、自分自身が聞き取ることのできない英文は、自分でも発することができないからです。つまり、リスニングとスピーキングは一見無関係に見えて、非常に密接な関係があるのです。むしろ、リスニングはスピーキングの基本と言っても過言ではないほど重要です。そこで、リスニングの勉強の一環として、英語の音変化について勉強する機会が非常に多くなりました。たとえば、冠詞、代名詞、助動詞、前置詞などの品詞は文の内容よりも機能に関わることが多いので、弱音で発音されるなど。弱音での独特な音は非常に聞き取りづらいですが、これを集中的に勉強することで克服することもできます。このように、英会話スクールではリスニング学習が重視されており、今後もこの傾向は続く見込みです。

Sitemap